臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

質の高い睡眠はデルタ波が重要!!!脳が深い睡眠から更なる恩恵を得る方法~The brain benefits of deep sleep -and how to get more of it~を観て

 

f:id:aoiawai:20181124172643j:plain

 

人が一日のうち8時間寝るとします。その場合、人生が80年あると8時間×365日×80年=233600時間寝てます。

 

また、人生の1/3は寝てると言われます。

そんな睡眠の質をあげるのは、人生を豊かにするのにとても重要だと考え、TEDで公演を見ました。今日はそれについて書きます。

 

[TED]脳が深い睡眠から更なる恩恵を得る方法~The brain benefits of deep sleep -and how to get more of it~

 

www.youtube.com

睡眠時間が減少している現状

アメリカでは睡眠時間は1940年代よりまる1時間短くなり。

ちなみに日本は、1960から2005年までで約50分減少している。

 


なぜ寝る時間がないの?

仕事、勉強、長距離通勤、通学、介護で起こされる、体調が悪く起きてしまう、など、

寝てないことを自慢するか輩もいます。


あれって、なんですか?「俺今日3時に寝たわー」ってやつ。どういう意味で言ってるのか教えて欲しいです🙇


睡眠不足の影響

ストレスの増加、認知機能の低下、体重増加、集中力の減少、睡眠不足や、学習能力の低下、細胞の回復力減少睡眠時無呼吸症候群のような睡眠障害を治療せずにいると、アルツハイマー病や心臓血管疾患 脳卒中や糖尿病などにかかりやすくなります。


また、心理的な面にも影響は出ます。

例えば、早計な判断をしてしまう。自分の痛みに敏感になり、共感力の低下などです。


沢山ありますね。。。

 

深睡眠を増やす!

睡眠には3段階 ― 「浅い睡眠」 「急速眼球運動(レム)睡眠」 「深(ノンレム)睡眠」がある そうです。

「浅い睡眠」と 「レム睡眠」の脳波は 目覚めている時の脳波と似ています。しかし、深い睡眠中の脳波は 「ロングバースト波」で 目覚めている時の脳波とは 非常に異なっています このロングバースト脳波は 「デルタ波」と呼ばれます 。

このデルタ波の減少が学習能力の低下や、日中の活動全てを 長期記憶や人格に 変換する過程に 関わっているそうです。

そして、デルタ波は歳をとると減少していってしまうそうです。

 
ご年輩の方の記憶力の低下などの原因の元にはデルタ波があるそうです。


ダン・ガーデンバーク氏は、自分で手に入れられる全ての睡眠の質をあげる道具を買って試したそうです。その結果わかったのが大切な睡眠時間は8時間ということです。

しかし、深い睡眠をとるということに関しては、日光を浴びる時間や運動量など調整したが見つけることが出来なかったそうです。


ダン・ガーデンバーグ氏はディミトリ氏と出会い、ドイツの研究で ある種の音を 睡眠中の適切なタイミングで聞かせると 睡眠を効率よく深くできること。その音が翌日の記憶力を 向上させるということを知りました。

そしてペンシルバニア州立大学で研究をしています。

その研究方法は、実験対象者に様々な装置が繋がれ、対象者が深い眠りについたら深睡眠を誘発すると実証された音を流し、脳波の反応を見ます。

その結果、デルタ波の増加が確認されました。


この研究で人に電極を繋がなくとも、睡眠の状態を正しくとらえ、さらに深い睡眠を誘発させることがわかった。そのうち、小さな装置をつけて、睡眠からさらなる恩恵を受けれる日が来るかもしれません。

 
実践に生かせること

8時間の睡眠が最適

深い眠りの中にいる時の脳波と 同じ振幅数の音を聞くことによりデルタ波が増加するYouTubeなどで探すと出てきます。

また、広告のないものを選んで聞かないと目が覚めます。

例↓

7時間 睡眠の王/ デルタ波 / 睡眠波 / 最もリラックスできる音楽 / 睡眠を助 - YouTube

 

早くその装置が完成することを願います。

そしたら、私は必ず買い、日本の平均睡眠時間の増加に役立ちます!