臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

実用性高いよ!相手が自分に心を開いてるか見極める方法

f:id:aoiawai:20181126221309j:plain

人は無意識のうちに姿勢や仕草に心の様子が現れてしまうも。それを理解することにより、相手が自分のことをどう思っているのか分かるのだ!

 

ここでは「オープン・ポジション」と「クローズ・ポジション」について書きます!

 

オープン・ポジション

人材紹介業界でよく使われるオープンポジションとは違います。

 

心を開いている相手には自然としてしまう仕草や姿勢のこと。相手が自分を信頼しているか見ることが出来ます。また、あえて使うことで相手に信頼感を与えることができます。

 

話し合いの場や、初対面の人との会話、プレゼンテーションで心がけると効果が出るでしょう。

 

立っているときと座っているときの主な仕草をまとめました。

 

立っているとき

  • 相手の方を向いて話す。たまに目を見る。
  • 背筋を伸ばす。
  • 手のひらを相手に見せる。
  • 腕を広げて話す。時々ジェスチャーも入れる。 

 

座っている時

  • 手を膝の上か机の上におく。
  • 時々ジェスチャーをして、手のひらを見せる。
  • 足はゆったりした感じで、少し広げている。

 

クローズ・ポジション

まだ心を開いてない時にしがちな行動で、警戒心の表れであり、相手がこのような姿勢をとったら、まだ信用されてないと考えるべきです。

なので、クローズポジションは自分が使うのではなく、相手の心理を読むときに使えます。もし、相手がクローズポジションを取っていたなら、自分の対応を変えて、相手の反応を観察するのがいいでしょう。

 

主な仕草

 

立っているとき

  • 顔を逸らして目を見ようとしない。
  • 背筋を丸める。
  • 腕を組む。
  • 相づちをしない

 

座っている時

  • 顔を逸らして、目を見ようとしない。
  • 腕を組む。
  • 足を組む。

 

クローズポジションを取っている人には、なんか偉そうな人だったり、怒っている人などが多いですよね。面接官とかも腕組んでたりすると不安になったり、怖かったりしますよね。明日から人と話すときは、オープンポジションを意識して話してみてはどうでしょうか。