臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

お願いするときに使うべきテクニック「カチッ・サー効果」

f:id:aoiawai:20181203215404j:plain

皆さんは、お願いごとをする時にどのようにしますか?

「この課題手伝って、お願い!」

と言うか、

「この課題難しくて手間取ってるから、手伝って欲しい!」

と言うかで、承諾される確率が変わってきます。

より、承諾されやすいのは、2つ目の「この課題難しくて手間取ってるから、手伝って欲しい!」です。

なぜかと言うと、「カチッ・サー効果」が働いているからです。

 

目次

 

カチッサー効果とは?

相手に要求する時に、理由をつけると、理由をつけなかった時より、承諾されやすい。という効果があります。

カチッ・サー効果の「カチッ・サー」とは?

テープレコーダーの再生ボタンを「カチッ」と押したあとに流れる「サー」という砂嵐の音が由来らしいです。テープレコーダーにスイッチを入れることが、要求することで、そのあとの砂嵐が承諾してくれるということで、この2つが当たり前のようになることから名ずけられたんですね。

カチッサー効果の実証

カチッサー効果を実証したのは、アメリカの心理学者のエレン・ランガーです。

彼は、以下のような実験をしました。

 

図書館で、コピー機を使っている人に対して、先に使わせて貰う依頼をします。その時のセリフは次の3つになります。

①「先にコピーを取らせていただけますか」

(依頼だけ)

②「急いでいるのでら先にコピーを取らせていただけますか」

(本当の理由&依頼)

③「コピーを取らなければいけないので、先にコピーを取らせていただけますか」

(最もらしい理由&依頼)

このように依頼した場合、①の承諾率は60%、②の承諾率は94%、③の承諾率は93%となったのです。

この結果から、理由をつけた方が承諾されやすいということが分かりますね。また、関係の無いもっともらしい理由でも、承諾の確立をあげると言うことがわかります。

実生活で活用

この、「カチッ・サー効果」は比較的日常生活でも使いやすいテクニックです。

例えば、デートに誘う時

「今度、映画見に行こうよ」よりも、「とっても面白い映画があるから見に行こうよ」や、「泣ける映画があるんだけど一緒に見に行こうよ」などの方が、承諾されやすいです。

 

また、優先度が高いものが理由に来ると、より、承諾されやすいです。

例えば、仕事の場では、お客様が最も優先度が高いので、お願いごとをする時は「お客様の要望で〜」などと、理由のところに、お客様(優先度が高いもの)を付けると、より、承諾されやすくなります。

 

私は、学生なので、仕事についてあまり知識はありませんが、グループで課題をまとめる時によく使うセリフがあります。それは、「betterなものより、bestなものが作りたいからよろしくお願いします。」といいます。承諾率90%以上あります。よかったら、使ってみてください笑

以上、のことから「一生のお願い!!!!」と言うなら、理由をつけて、お願いしてみましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご指摘などありましたら、教えていただけると幸いです。