臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

色から性格を読み取る!そして、印象を操る!

f:id:aoiawai:20181210220313j:plain

あなたの好きな色は何色ですか?

 

好きな色から、相手の性格を知ることができるのは、有名だと思います。

服や、小物には自分の好きな色が使われることが多く、好きな色とは自分に合った色が選ばれるからです。

色の応用は、とても便利で「色から相手の性格を予想する」、「色を駆使して相手に与えるイメージ操作」に使うことができます。

 

では、色とそのイメージについてまとめていきます。

 

目次

 

色から受けるイメージ

赤(情熱、活力、興奮)

赤は、とてもエネルギーのある色です。ユニフォームにして身に纏うことにより、いつもより高いパフォーマンスが出来ます。また、審判のジャッジも赤色の方にかたよると言う実験もあります。真っ赤な部屋にいる時は体温が3℃上がるという実験もあります。リーダーシップのイメージもあるため、ネクタイに赤を使うことで、リーダーシップを上げることが出来ます。

 

青(冷静、集中力、クール)

物事を暗記する時に、青ペンで書くと暗記できると、言いますよね。それは、集中力が上がるからです。また、爽やかなイメージもあるので、暑い時は青色の服の方が暑さが和らぎます。食欲を軽減させる効果もあるので、ダイエットの時は青い食べ物を食べましょう。

 

黄色(活発さ、希望、危険)

黄色は希望や活発さをイメージさせる反面、危険もイメージさせるので、矛盾のある色です。目立つ色なので、小学生の通学帽や、危険マーク、おすすめの商品などにも使われます。

 

緑(努力、安定感、リラックス)

暖色と寒色の中間色である緑は、心と体のバランスを整える効果があります。それにより、リラックスがあります。また、緑を好む人には、努力家や、マイペースな人が多い傾向があります。

 

オレンジ(社交性、温かさ、高揚感)

社交性の高い色なので、飲食店などに使われることが多いです。(Royal Host、吉野家など)その反面、孤独を嫌う色なので使う人は、寂しがり屋かも知れません。

 

ピンク(女の子らしいさ、優しさ)

女の子といえば、ピンクというイメージは強いと思います。しかし、子どもらしいイメージもありますよね。なので、ピンクを選ぶ人には、幼い1面があるかもしれません。

 

白(信頼、清潔感、純粋さ)

清潔感や、信頼を与える白は、医者の服によく使われます。

また、軽いイメージもあるので、引越しの箱を白色にすることにより、運ぶ人が実際の重さよりも、軽く感じることができます。

 

黒(孤立、反骨精神、権威)

喪服として使われること色には、厳格なイメージもあり、その場が厳粛であることがわかります。ファッションでは、ほかの色を際立たせる効果がありますが、黒ばかりを好んできる人には、独立心や反骨精神が隠されています。

 

灰色(穏やか、協調性、柔軟性)

人に合わせる、協調性があり、柔軟な人間関係を築ける人が多いでしょう。しかし、人に合わせるのは得意だが、自分が主体となった行動は少し苦手かもしれません。

 

 まとめ

 色から相手の性格を知り、自分のタイプの人を探すのも一つの手かもしれません。私は、努力家の人とか見てると自分も頑張ろうと思えるので、緑が好きな人を探します。

そして、清潔感を出すために白を着ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。