臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

記憶に関する病気「認知症」代表的なモノの種類と主な症状

f:id:aoiawai:20181216133536j:plain

こんにちは、

最近記憶に関しての記事を書いている葵です!

私は、将来病院で働きたいと思っているので、病気についても基礎的な知識が必要と考えました。

そこで、記憶に関する有名な病気と何だろう。と考えた結果「認知症」や!と思ったので認知症について書こう思います。

また、祖母がなっても誤った認知をしなくてすむようにもなりますし!

 

目次

 

代表的な認知症

進行する認知症

 

発症と進行を予防できる認知症

 

治療により改善できる認知症

  • 進行麻痺
  • 正常圧水頭症
  • 慢性硬膜下血腫
  • ウェルニッケル脳症
 

認知症の疫学

世界の認知症患者は2430万人(2001年)

 

有病率

世界では、60歳以上が4~6%、85歳以上が20~33%

日本では、65歳以上が3~10%、85歳以上が20%

このようになっているそうです。

 

老年期つまり65歳以上の認知症で多いのが、アルツハイマー病、血管性認知症レビー小体型認知症になっています。

 

認知症の症状

上記であげた老年期に多い3つを中心にまとめます。

まず、はじめに脳の作りから説明します。


脳は大きく分けて四つに分けることができます。

1,脳の前の方にある「前頭葉

2,脳の横に位置する「側頭葉」
3,脳の後ろに位置する「後頭葉

4,脳のてっぺんにある「頭頂葉」の四つです。

この4つの部位がいずれかが萎縮して発病するのが認知症です。

 

アルツハイマー

はじめに最も多いアルツハイマー病です。
脳の「頭頂葉」「側頭葉」が萎縮してしまいます。
女性の発症率が高いのも特徴の一つです。


初期症状は物忘れです。
その後、全体に広がってしまいます。

物忘れの原因としては海馬という記憶に関する部位が萎縮するので物忘れなどが起きます。

 

脳血管性認知症


こちらも、初期症状は物忘れです。
脳の血管が異常を起こすので、脳のいろいろなところに異常がおこるので、できることとできないことがあります。

人によって症状が異なってくるのです。
そのことから「まばら認知症」などと呼ばれます。

 

レビー小体型認知症


脳の「側頭葉」と「後頭葉」。主に「後頭葉」の脳が萎縮してしまいます。

後頭葉には視覚野があるので幻覚が見えるような認知症がおきます。
初期症状は、幻覚、妄想、鬱状態パーキンソン病です。

 

前頭側頭変性症


前頭葉」と「側頭葉」が萎縮してしまいます。
初期症状として同じ動作を繰り返す。
進行はとても遅いです。

 

最後に


ほとんどの人が一つだけの認知症にかかるのでは無く、いくつかの認知症が重なることが多いです。
アルツハイマー認知症が70%でレビー小体認知症が30%などの形になります。
アルツハイマー認知症が100%になることはなかなか無いそうです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。