臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

心理学の専門用語解説!明日から専門用語を使ってみよう!Part1

f:id:aoiawai:20181216133536j:plain

心理学部に入って最後の定期考査を控える今、改めて専門用語をまとめてみようと思う。

 

解釈に誤りがある場合ご指摘いただけると幸いです。

では、いってみよー!

 

目次

 

アルゴリズム algorithm

ステップを踏んだ手続きをこなしていけば必ず答えにたどり着くという考え方。

可能性を片っ端から試していく方法ですね。

「SGYCHPLOOY」

この10文字を並び替えてひとつの単語を作る時全部で907200通りある。それを全て試すのがアルゴリズムです。

 

ちなみに答えはpsychologyです。

 

ヒューリスティック huristic

アルゴリズムよりももっと単純な思考方略

SGYCHPLOOYを並び変えるときにも、よく使われる組み合わせ(ch)や(gy)などをまとめ、あまり使われない組み合わせ(yy)などを除きpsychologyを導きます。

 

洞察 insght

ずっと悩んでいたものが急に解決に向かうこと。多くは満足のいく結果になる。

 

東大ナゾトレをやっている時に、悩んで、悩んで、悩んで、、、あっ!!!わかった!

という経験はありませんか?

東大ナゾトレじゃなくてもいいんですけど笑

それが洞察と呼ばれるそうです。

 

また、ほかの例では、

「スカイダイビングをするのにパラシュートはいらない。パラシュートがいるのはスカイダイビングを2度したい時だ」

 

上記の文を1度で理解できる人は滅多にいないと思います。その人はかなり洞察力が高いということになります。

何度か読んでやっと、2度飛ぶには生きなくては行けないからパラシュートいるのか。という意味があることに気づくと思います。

 

確証バイアス confirmation bias

 

2-4-6

私は、この3つの数をどうやって選んだでしょう?

おそらく、偶数だ。とか2倍、3倍となってる。

なぜなら〜だからと考えるでしょう。

一度自分の納得のいく答えが出るとその他の可能性を探さなくなりますよね。

 

確証バイアスとは、そのようなことを言います。

自分の考えを覆す証拠よりも、立証する証拠を一生懸命に探したり、好意的に見たりする。

 

固着 fixation

1度決めた考えを見直すことが困難になる。新たな視点から問題を見直せなくなる。

 

定型例は「心構え mental set」

以前に上手くいった時の心構えで問題に対処しようとする傾向。

しかし、それが問題解決の障壁となる。

 

状況によって柔軟に対応する必要があるんですね。

 

直感 intuition  

高速で自動的で非合理的な感情や思考のことを言う。

「何となく」ってやつですね。

サッカーなどでもどこにどんなパスを出せばいいのか考えないでパスして上手くいくことありますよね。少なくとも自分はそうでした。これが直感です。

 

利用可能性ヒューリスティック available heuristic

出来事の起こりやすさを見積る際に、記憶の中でそれがどれだけ利用可能かに基づいて決めてしまうこと。

見た目に惑わされたり、経験で考えてしまうことです。思い出しやすい記憶のモノを優先的に使う。

例えば、

ガタイのいい人とスリムな人で、どちらがマラソン早いか当てる問題で普通に考えたらスリムな人を選びますよね。それは、スリムな人の方が長距離早いイメージがあるから、

正しくヒューリスティックっ!です。笑

 

次回に続きます。

ありがとうございました。