臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

【赤ちゃん心理学!?】赤ちゃんの時期は人生の中でも特に重要!?

f:id:aoiawai:20190125200501j:plain

前回に続き「赤ちゃんの心理学」について書いていきます!

目次

 

エリクソンの8つの発達段階

 

www.syosinnsyasinnrigaku.com

 

↑以前記事にしたこともありますが、エリクソンの8つの発達段階という人生の課題をまとめたものがあります。⚠️カッコ内は年齢

 

乳児期(0~1) 基本的信頼 対 不信

幼児期前期(1~3) 自律性 対 恥 疑惑

幼児期後期(3~6) 積極性 対 罪悪感

学童期(6~12) 勤勉性 対 劣等感

青年期(12~)同一性 対 同一性の拡散

成人前期 親密性 対 孤立

成人期 世代性 対 停滞性

老年期 統合 対 絶望

 

このように8つの段階に分けて、課題が上げられ、正の課題(基本的信頼、自律性、積極性etc)を獲得すると次の段階に良い状態で進め心身が健康になる。というのがあります。

この8つの中でも大切なのが乳児期と青年期です。この期間をどう乗り越えるかによってその後の人生に大きく影響します。

それほど乳児期は大切なのです。

 

基本的信頼を獲得するには?

赤ちゃんはコミュニケーションを取るために声を出したり泣いたり、バタバタしたりしますよね。それに反応してあげることで獲得することができます。

反応してあげることで、赤ちゃんに「自分の行動に世界が反応する」と感じさせることで、自身が生きてていいんだ。生きるのに値する!と感じることができるからです。

そのためには養育者(母親)との母子関係が重要視されます。

 

母子関係で重要なのは愛着!

愛着とは?

赤ちゃんが養育者(母親)との間に持つとされる特別な心の結びつき・絆のとこです。

生後3ヶ月ぐらいから愛着の対象を選び始め、6ヶ月から8ヶ月くらいに決まるそうです。

そして、その愛着を持った相手だけに示す行動を愛着行動といいます。

 

愛着行動とは?

これは、生後6ヶ月~2歳ぐらいまで行われる行動です。

この愛着行動は大きく3つに分けることができます。

1.発信行動

養育者に対して泣いたり微笑んだりバタバタして注意を引き、近ずいてもらおうとします。

 

2.接近行動

これは、赤ちゃん自ら養育者の方へ接近する行動を言います。後追いしたり、ハイハイしたりです。

 

3.定位行動

養育者の位置を確認する行動で、声を聞いてそちらに注意を向けたり、目で追うなどです。

 

まとめ

赤ちゃんの頃の思い出はありませんが、その後の人生に大きく関わる重要な時期なので、子育ては大変だと思いました。子育てをしてる方、頃からする方頑張って下さい。応援しています🙇

 

(この記事を書いている時、も自分に赤ちゃんが出来たらなんて考えながら書いているのでニヤニヤしてます。自分で自分に「どこに癒しを求めてるんだ」とツッコミを入れたくなります。)