臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

これは知っててほしい!会話から嘘を見抜く8つの方法!

f:id:aoiawai:20190127213546j:plain

皆さんは嘘をついたこと、つかれたことはありますか?もちろん答えはYesですよね?この世で嘘をついたことも、つれたこともない人はいません。

ちなみに嘘はどのくらいの確率でバレるのかというのをご存知ですか?

実はばれる確率は、約20%程しかないんです。逆に80%はバレずに済みます。

そんな嘘を見抜く方法を今回解説していきます!

 

目次

 

 

会話から嘘を見抜く方法!

今回は、質問をした時の返答によって嘘かどうかを見抜きます。

 

1.答えがはっきりしない

二者択一の質問、つまり、YeaかNoで答えれる質問に対してうだうだと話してくる場合は嘘をついています。嘘をつくのが好ましくない行為だと思っているので自信を持って嘘をつくことは難しいからです。

 

2.話をそらす。

聞いた質問に対して、笑って誤魔化したり、悲しんだふりをしたり、そこから別の話に持っていく場合は嘘をついています。これも答えたくないからです。または、頭の中で嘘をつく準備するための時間稼ぎです。

本当なら話をそらす必要ないですしね。

 

3.大げさな弁解

私のパンナコッタ食べたでしょ!?

に対して、

「ほんとに僕じゃない。神に誓って食べてない。」

など、大げさな弁解をしてくる場合は怪しんでいいでしょう。

 

4.同情してくる。

実は同情してくる人も嘘をついている可能性があります。質問に対して、答えない、または、答えてすぐに話の対象を自分から逸らす人は怪しいです。その話自体から逃げたい心理があります。

 

5.質問に対して質問をしてくる。

質問で返すことによってはっきり答えるのを回避しています。刑事ドラマでも、この現象は見られます。

刑事さん「田中さんあなたが犯人ですね?」

田中さん「そんなわけないだろ!私がなぜあの人を殺さなくてはいけないんだ?動機がないだろ!」

などです。

 

6.無言になる

質問に対して、無言になったり、返事が遅れる場合は言い訳を考えているからです。怒られそうなことをした時、言い訳を先に考えたりしたことはありませんか?それは、つまりその場で咄嗟に言い訳を作ることが難しいからです。

 

7.ずっと驚いてる人

濡れ衣を着せられると驚きますよね?嘘をつく人も最初は驚いたふりをします。しかし、人の感情はおよそ6秒で変わります。つまり、長い時間驚いている人は演技をしているということです。

怒った時も6秒我慢すれば落ち着くと言われるのも同じ原理です。

 

8.質問をくりかえす

こっちが質問した内容を何度もくりかえす相手は、嘘をつく準備をしているのです。本当のことを言う時よりも、嘘をつく時の方が無いことを作り出すので時間がかかりますしね。

 

まとめ

このように、嘘をついている人は基本「時間稼ぎ」「話をそらす」ということをしてきます。嘘は時に必要ですが、嘘を見抜く力はあって損は無いです。嘘だとわかってもその嘘に乗ってあげればいいだけなので。

あとは、話し方の他に無意識に表情やしぐさに出ることもあります。次回はそれについて書いていこうと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!