臨床心理1年が書く〝心理学の基礎〟&〝ブラック心理〟

心理学のことをメインに書いていきたいと思います。たくさんの人と関われたらいいと思ってます。よろしくお願いします。

恋愛心理学は汎用性が高い!?

f:id:aoiawai:20190114224222j:plain

恋愛心理学に興味を持つ人には、「彼氏(彼女)を作りたいって人」が多いと思います。

しかし、恋愛心理学を学ぶにつれて、私が思うのは「あれ?人間関係を良くすること全般に使えるぞ?」です。恋愛心理には親しくなることがテクニックが多いので、営業や初めて会う人にも使えます。人間関係はどの場面でも重要になるので知っていて損は無いです!

そんな、万能な恋愛心理学を今回紹介していこうと思います。

 

目次

 

 

体温が暖かいと周りの人に優しくなる

この現象は、イエール大学社会心理学者ジョーン・バーラー氏が発見しました。体温が暖かいと周りの人に優しくなるだけではなく、親しみを持つようになります。

これは、恋愛やビジネスなんかに使えますよね。

例えば、一緒にお茶をする時やなんかに暖かい飲み物を出したりすることで距離を縮めることが出来ます。飲めものでなくても、食べ物や暖かい場所なんかでもいけます!

確かに、寒かったり、暑かったりすると楽しく接するのは難しいですよね。

 

アイコンタクトを長くする

ジック・ルービンというハーバード大学の心理学者は、一般的な会話であれば、人は30%~60%相手のみを見ます。しかし、カップルは75%もアイコンタクトもしていると発見しました。

そのため、相手と距離を詰めたい時は頻繁に相手の目をみたり、相手を少し長い時間見つめると、相手の脳に「これは恋だ。」と勘違いをさせることが出来ます。

 

2人だけの秘密を作る

2人だけの秘密を共有することで、自分が認められたと感じ承認欲求が満たされます。すると、高い充足感を得ることができ、親しくなることができます。

男の子ならわかると思いますが、小さい頃に秘密基地を作ったりしましたよね?その秘密基地にもこの効果があり、それによってさらに親しくなれたと思います。

しかし、秘密はどうしても話したくなるので危険でもありますよね笑

 

1度引いてみる

これをすると恋人がいる場合は、恋をした時のドキドキ感を再び感じることが出来恋に飽きなくなります。

また、恋人がいない場合でも、親しい相手にすることで自分の存在感を引き出すことができます。すると、あなたの優しさや有難みを感じることができます。

 

まとめ

恋愛に発展させるにはまず、親しさや相手を認めることが重要なんですね。人付き合いでももちろん重要ですので、一気に全部やらなくても毎日1つずつ挑戦して自分の力にしていってください。そして豊かな生活にして行きましょう!